ティーライフたんぽぽ茶ブレンドがおいしく飲めるベストの作り方とは?

たんぽぽ茶ブレンドの作り方

作り方によって、お茶の味は大きく変わりますよね。そこで、ティーライフのたんぽぽ茶ブレンドの作り方について調査しました。

結論としては、「500ml程度のお湯を注いで3分待てばOK!」です。

煮出す必要もなく簡単に作れて、便利ですね。

紅里
たんぽぽ茶を作るのに、煮立てないといけないのかしら。のんかの世話もしないといけないし、面倒だわ。
T博士
たんぽぽ茶の入ったパックをポットに入れて待つだけぢゃ。お手軽だから、育児に集中できるぞ。

お湯を注いで待つだけOK!作り方はとっても手軽

お茶を作るというと、やかんの中にパックを入れて沸騰させてから注ぐというイメージがあるかもしれません。「たんぽぽ茶を買っても、わざわざお湯を沸騰させる煮立てるのは面倒くさいわ」とお思いでしょうか。

しかしティーライフのたんぽぽ茶ブレンドを作るときは、そんな面倒な手間はいりません。ポットにティーバッグを入れてお湯を注いで待つだけです。簡単ですね。

たんぽぽ茶を飲みたいときにすぐ飲めるのが、手軽で一番いいですよね。ティーライフのたんぽぽ茶ブレンドは、そんなお客様の要望に応えています。

たんぽぽ茶ブレンドを作る詳細な手順

「ティーバッグの紅茶みたいに、たんぽぽ茶も手軽に飲みたいんだけど。」

はい、ティーライフのたんぽぽ茶ブレンドはティーバッグにたんぽぽ茶の成分を詰めています。なので、簡単に作れるんですね。

ティーライフのたんぽぽ茶ブレンドは、カップ用とポット用の2種類あります。ここでは、たくさん作れるポット用の作り方の手順を教えちゃいましょう。

ティーバッグを急須(ポット)に入れる

たんぽぽ茶の成分がティーバッグに入っていますので、それを急須かポットの中に入れます。

やかんで煮立てないでいいから、便利ですね。

ふたをしたお湯を約500ml注ぐ

ポット用のティーバッグの場合、いちばんベストなお湯の量が500mlになっています。ですので、お湯を500ml注ぎましょう。そしてふたをしてください。

ふたをするのは、たんぽぽ茶を蒸らすためですね。

この「ふたをして蒸らす」というのが、たんぽぽ茶の味を決める大事な要素なんです。

約3分待ってティーバッグを取り出して完成

どのくらい、たんぽぽ茶を蒸らせるといいのでしょうか。

お茶によって蒸らせる時間は、玄米茶のように10秒と短いものから、玉露のように3分待つものまでさまざまです。たんぽぽ茶をどのくらい蒸らすのか気になりませんか?

約3分です。けっこう蒸らさないといけないのですね。

しかしお湯を注いですぐに飲んでしまうと、味も薄く飲んでも淡泊に感じてしまいます。かといって、長いあいだティーバッグをお湯に漬けていますと、味が渋くなりすぎます。

ティータイムでしたら、たんぽぽ茶を蒸らせているあいだに、ケーキやお菓子の準備をおくといいでしょう。ぜひお試しあれ!

基本は注ぎ(お湯)だが、水出しもできる

「でも、けっきょくお湯を準備しないといけないから面倒だわ」というせっかちのあなた。

ティーライフのたんぽぽ茶ブレンドは、水出しもできるんです!

水出しより注ぎ(お湯)の方が有効成分が多い

朝食のときやすぐに出かけないといけない用事があるときなど、時間のない場合は水出しで済ませられます。

ただし、やはり水出しよりもお湯を注いで作った方が有効成分が多いです。お湯の温度の高い方が、たんぽぽ茶の成分が溶け出ますからね。

ただちょっとした豆知識として「水出しも可能」ということを覚えておくと、便利ですね。

手軽にたんぽぽ茶を飲みたいならティーライフ

このようにお湯出しでも水出しでも手軽に作れるのが、ティーライフのたんぽぽ茶ブレンドです。

何と言っても、わざわざ煮立てる必要がありません。赤ちゃんに母乳を与えるのに忙しいママなどは、サッと作れて飲めるのが嬉しいでしょう。

ティーライフ たんぽぽブレンド茶

特に期待できる効果:母乳育児

総合★★★★★
★★★★★
品質★★★★
栄養★★★★★
飽きが来ない★★★★
飲みやすさ★★★★★
手軽さ★★★★
お値段(安さ)★★★★
ブレンド黒豆、醗酵ギンネム

ぜひティーライフのたんぽぽ茶ブレンドを購入して、子育てに活かしたいところですよね。

はかせのまとめ

  • ティーライフのたんぽぽ茶ブレンドは煮立てる必要がないから便利ぢゃぞ。ティーバッグをポットに入れるだけでいいのぢゃ。簡単ぢゃのぅ
  • たんぽぽ茶ブレンドがもっともおいしく飲める手順は、お湯を500ml注いで、ふたをして3分蒸らすのぢゃ。作り方は大事だから、覚えておくといいのぅ。
  • お湯を注がなくても、水出しができるから便利ぢゃのぅ。急いで飲みたいときなどは、水出しで済ますと時間を節約できて効果的ぢゃ。ぢゃが、有効成分をたっぷり含むようにするには、お湯出しがベストぢゃ。